Staff blog

肥満症の基礎知識および治療と予防② Staff blog

◎肥満の原因

(1)食事の摂り過ぎ

最大の原因です。動物性脂質の摂り過ぎなどの食事の欧米化、ファストフード、糖分入りの飲み物や菓子の摂取により、摂取エネルギーが消費エネルギーより大きい状態になり、過剰なエネルギーが脂肪として蓄積されます。

(2)食習慣

早食い、まとめ食い、夜食・間食の習慣などと肥満との関係は、多くの調査結果から報告されています。

2006年の名古屋大学の研究によると、食事をするスピードが「かなり遅い」「やや遅い」「普通」「やや速い」「かなり速い」の5段階で自己申告したデータをもとに解析したところ、「早食い」の人は食べる量も多かったことがわかりました。

(3)運動不足

身体活動量の低下が、筋肉量と基礎代謝量の減少を招き、脂肪が蓄積しやすくなります。

(4)遺伝性肥満

親の肥満は、子供に遺伝するといわれています。また、肥満になりやすい家庭環境も大きく影響しています。

(5)二次性肥満(症候性肥満)

何らかの病気や薬物の影響で肥満になってしまうことを二次性肥満といいます。肥満者の約5%にみられます。