Staff blog

骨格バランスが崩れる原因① Staff blog

「骨格バランスが崩れる原因①」

~姿勢の乱れ~

 

◎人体にかかる重力を分散させる脊柱のS字カーブと骨盤角度

骨格バランスが崩れる一番の原因は「姿勢の乱れ」です。

 

骨格のバランスが崩れることと、姿勢の乱れは同義といってもいいでしょう。二足歩行で生活する人間の骨格は、重力を分散させて受け止め、一部の関節へ負荷が集中しないように絶妙なバランスを取っています。

 

この、‟正しい姿勢”が崩れると、一部の関節に大きな負担がかかり、痛みや不調へとつながります。

 

例えば、頭部が前方へ倒れるだけで、頭部を支える首の筋肉には大きな負担がかかり、緊張状態へと陥るのです。

 

人体でバランスを崩しやすいのが、脊柱、骨盤、肩甲骨といった部位。骨格は各関節が連動して動くため、骨盤が後傾することで猫背になったり、頭部が前方に倒れたりして、一部のバランスが崩れると連鎖的に崩れていく性質があります。だからこそ、姿勢が乱れた根本原因を見極めることが重要なのです。