Staff blog

肩・肩甲骨の痛み、不調④ Staff blog

◎肩コリ・3(肩外側のコリ)

手先を使う作業で肩関節の安定に働く棘下筋が緊張。

近年になって増えているのが肩外側の肩コリです。

これはパソコン入力など手先を使う作業を続けることで、腕の重さを支えている肩関節の安定に働く棘下筋が緊張して発症します。

 

<主な原因>

・肘を前に出して手先を使う作業

肘が上体より前に出ると、腕が前方に放り出された状態になるため、腕の重さを支える肩関節の負荷が増す。

その状態で手先を使った作業を続けると肩の外側にコリが出ます。

 

<肩外側のコリが発症するしくみ>

肩に負担がかかる姿勢で手先を使うことにより、腕を支えながら固定する棘下筋が緊張する。

棘下筋が緊張しても強いコリは出ないものの、棘下筋が正常に働かなくなると腕の動きが悪くなり、そこから肩コリにつながるリスクもあります。